REDEN

【悲報】リデン(REDEN)を使って初期脱毛が起きたらヤバい理由

更新日:

 

REDEN初期脱毛

リデンを使用する上で気になるのが、リデンには初期脱毛があるのかどうかという点だと思います。

 

実際に私もリデンを購入する前に、リデンには初期脱毛があるのかどうかについて色々と調べてみました。

 

すると、それらの口コミのほとんどには以下のように記載されていました。

 

リデンを使っても初期脱毛が起こる可能性は低いです。ただし、リデンを使用して初期脱毛が起きたとしても、初期脱毛は育毛効果が出ている証拠なので安心して使用をつつけて大丈夫です。

 

これを見たときに、はじめは『へ~、そのなのか~』と納得していたのですが、初期脱毛について調べてみるとこれらの情報は間違いだらけでした。

 

実際には、リデンを使用して初期脱毛のように抜け毛が増えてしまったらヤバいです!

 

それは、初期脱毛ではなくリデンの成分が頭皮に合っていないことが原因で抜け毛が増えているからです。

 

なので、リデンを使用して初期脱毛のように抜け毛が増えた場合には早急に使用を辞める必要があります。

 

また、逆にいうとリデンには初期脱毛の症状はないので、リデンを使用して抜け毛が増えるということはほぼないというわけです。

 

以下では、これらの内容について詳しく解説していきます。

リデン(REDEN)を使っても初期脱毛は起こらない理由

 

冒頭でも紹介したように、リデンを使用したとしても初期脱毛は起こりません。

 

なぜなら、初期脱毛というのはAGAクリニックなどで処方される内服タイプの育毛剤を副作用した際に起こる症状であり、外用タイプの医薬品育毛剤ですら起こることは珍しいです。

 

そして、リデンは外用タイプの医薬部外品の育毛剤なので、医薬品の外用育毛剤ですら初期脱毛は起こらないのに医薬品育毛剤よりも体への影響が緩やかな医薬部外品のリデンに初期脱毛が起こるはずはないのです。

薄毛の原因と初期脱毛が起こるメカニズムとは?

ヘアサイクル

 

ネットで情報収集をしていると『初期脱毛は育毛効果が出ている証拠!』というような説明を目にしますがこれ自体は正しいです。

 

髪の毛というのは生えてから抜けるまでに成長期・休止期・後退期という3つの期間があるのですが、薄毛が進行してしまっている人はこの成長期の期間が数カ月~1年と極端に短いです。

 

  • 成長期・・・3~6年。髪の毛が生えてから成長する期間
  • 休止期・・・2~3週間。髪の毛の成長が止まる期間
  • 後退期・・・3~4カ月髪の毛が抜けて新しい髪の毛が生える準備をする期間

 

成長期が短いと、髪の毛が太く長く育つ前に抜け落ちてしまうため、頭皮に生えている髪の毛のほとんどが細く短い髪の毛になってしまいます。

 

なので、髪の毛の数はそんなに変わっていなくても、髪の毛全体のボリュームが昔よりも明らかに減ってしまうのです。

 

そして、細く短くしか育たいない髪の毛の成長期はさらに短くなり、最終的には髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。

 

つまり、薄毛を改善するためには髪の毛の成長期を伸ばす必要があり、そのために育毛剤を使用しているというわけです。

なぜ、育毛剤で初期脱毛は起こる?

では、なぜAGAクリニックなどで処方される内服タイプの育毛剤を使用すると、初期脱毛が起こるのか?

 

それは、育毛剤によって毛母細胞が活性化された、休止期や後退期にある髪の毛が急速に成長期へと移行するからです。

 

休止期や後退期にある髪の毛の毛母細胞が活性化されたからと言って、その髪の毛が成長期に逆戻りして再び成長し始めるということはありません。

 

つまり、休止期や後退期にある髪の毛の成長期を伸ばすためには、今は生えている髪の毛が抜けて新しく生えてきた髪の毛の成長期を伸ばすことしかできないのです。

 

そして休止期や後退期の髪の毛の下からは次に生えてくる新しい髪の毛が準備をしているので、それらの新しく生えてくる髪の毛に押し出される形で抜け毛が増えてしまうのです。

 

これが、育毛剤を使用しているのに抜け毛が増えるという初期脱毛が起こるメカニズムであり、初期脱毛は育毛効果が出ている証拠と言われる原因です。

医薬品の外用育毛剤やリデン(REDEN)で初期脱毛が起こらない理由

リデンREDN

 

上記ではAGAクリニックなどで処方される内服タイプの育毛剤を使用した場合に、初期脱毛が起こるメカニズムに関して解説しました。

 

となると、ここで気になるのが『なぜ、AGAクリニックで処方される内服タイプの育毛剤では初期脱毛が起こるのに、医薬品の外用タイプの育毛剤やリデンでは起こらないのか?』ってことだと思います。

 

その理由は、外用タイプの育毛剤というのは内服タイプの育毛剤に比べて圧倒的に吸収率が悪く、体への作用が緩やかだからです。

 

例えば、少し服用しただけでも致死量になってしまう猛毒でも、頭皮に塗るだけでは死には至らないですよね?

 

つまり、これは服用することと頭皮に塗布するということでは、体への成分の吸収率が圧倒的に違うことが原因なのです。

 

成分の吸収率が違うということは体に与える影響力も違いうので、必然的に育毛効果への違いも大きく変わってきます。

 

そして、AGAクリニックなどで処方される内服タイプの育毛剤は成分自体の体に与える影響力が強い上に、体への成分の吸収率も高いので、使用してすぐに休止期や後退期の髪の毛を成長期に移行させるように働きかけて初期脱毛が起こります。

 

一方で、外用タイプの医薬品育毛剤やリデンのような外用タイプの医薬部外品育毛剤の場合には、頭皮からの成分の吸収率がわるいので、AGAクリニックの内服タイプの育毛剤のように急速に休止期や後退期の髪の毛を成長期に移行させるほどの効果がないというわけです。

 

これが、外用タイプの医薬品育毛剤やリデンを使用しても初期脱毛が起こらない理由です。

リデン(REDEN)を使って初期脱毛のように抜け毛が増えたらヤバい!

 

そして、いよいよ問題はココからです。

 

ネットでは冒頭でも紹介したように、『リデンを使用して初期脱毛が起きたとしても、初期脱毛は育毛効果が出ている証拠なので安心して使用をつつけて大丈夫です。』と説明している人が結構します。

 

しかし、上記でも解説したように、リデンを使用しても初期脱毛は起こりません。

 

つまり、リデンを使用して初期脱毛が起こるはずもないのに、リデンを使用して初期脱毛のように抜け毛が増えた場合には、初期脱毛とは全く別の理由で抜け毛が増えているというわけなのです。

 

恐らく、一般的にはリデンを使用して抜け毛が増えた場合には、リデンに配合されている成分とあなたの体質があっていないことが考えられます。

 

それにも関わらず、『リデンを使用して抜け毛が増えたらそれは初期脱毛だから育毛効果が出ている証拠』という情報を真に受けて、その後もリデンを使用し続けるとさらに抜け毛が増え続ける可能性があるので注意してください。

 

なので、もしリデンを使用して初期脱毛のように抜け毛が増えた場合には、早急にリデンの使用をやめることをおすすめします。

 

そして、リデンの使用をやめても抜け毛が減らない場合には、皮膚科などで医師に相談することをおすすめします。

リデン(REDEN)を使って抜け毛が増えたら永久返金保証制度を利用

リデン永久返金保証

 

リデンには永久返金保証制度という制度が設けられています。

 

なので、もしあなたがリデンを使用して抜け毛が増えた場合には、すぐにリデンの使用をやめて永久返金保証を利用することをお勧めします。

 

ただし、永久返金保証制度というのは誰でも受けられる制度ではなく、以下の条件を満たしている人だけに限られます。

 

  • 定期コースで購入している人or3本まとめ買いで購入した人
  • 初回購入時に同封されている返金保証書・明細を持っている人

 

上記に該当する人は定期コースの解約と合わせて全額返金保証制度を利用することで、初回購入分のリデンの購入代金を返金してもらうことが出来ます。

まとめ:リデン(REDEN)では初期脱毛が起こらないから抜け毛が増えたらヤバい!

ここまで、初期脱毛が起こる原因やなぜリデンを使用しても初期脱毛が起こらないのかについて解説してきました。

 

そしてこれらの情報を最後に簡単にまとめておきます。

まとめ

  • リデンでは初期脱毛は起こらない
  • リデンで抜け毛が増えても初期脱毛ではない
  • リデンを使用して抜け毛が増えたらすぐに使用をやめる
  • 解約時には全額返金保証を利用するのがいい

REDEN(リデン)

スカルプローションREDEN(リデン)

人気ユーチューバーのぷろたんの動画でも紹介され、爆発的に人気で異例の品薄状態となった育毛剤『リデン』。ミノキシジルの2倍の育毛効果があるというリデンシルを配合しており、副作用の心配も一切ない育毛剤。

永久返金保証付き 最大30%OFF 送料無料

-REDEN
-

Copyright© リデンの口コミ|7ヵ月使って効果があるのか検証してみた結果… , 2019 All Rights Reserved.